ラディック Ludwig ペダルティンパニー 買取

いろいろな楽器が存在している中に、ペダルティンパニーと呼ばれているドラムのような楽器も存在しています。大正10年、1921年にアメリカで開発された楽器ですが、日本ではあまり馴染みがないと言えるでしょう。もちろん音楽が好きで、いろいろな楽器を演奏しているという人であれば知っているでしょうが、主なメーカーはラディックでしょう。個人で持っている人もいるでしょうが、オーケストラや音楽大学などでよく使用されています。

しかし、昔はよく使用していたけれど、現在では全く使わなくなってしまったという人もいるでしょう。ペダルティンパニーは高価な楽器なので、使わないのにそのまま放置していてはどんどん価値が下がってしまいます。そんなときには弊社で査定を行ってみてはいかがでしょうか。あまり楽器を買取ってくれる業者はありませんが、弊社であれば買取可能です。このような楽器は、使用しないと使っているときよりも劣化が進んでしまいます。

放置して価値を下げるぐらいであれば、ある程度高価格で売ることができる可能性があるうちに、売ってしまった方がお得なのです。オーケストラは世界中で行われていますし、音楽学校もいろいろな国に存在しているため、日本だけではなく海外でも需要があります。ラディックは音楽をたしなんでいる人であればかなり有名な会社なので、欲しいと思っている人も多く、比較的需要がある商品と言えるのです。だからこそ高い値段で売ることができるのですが、元々が高価な楽器であることも、高く買取ることができる理由の1つでしょう。

売る前には各部のチェックをしっかりと行い、ヘッドに傷や汚れがないか、チューニングボルトはしっかりと締めることができるか、チューニングペダルでしっかりと調整ができるかなど、楽器として使えるかどうかをチェックしておきましょう。もちろん傷や汚れも価格を下げてしまう原因になるので、事前にきれいな状態で売ることができるように、清掃をしておくことも重要です。普段から手入れをしておくことで、長持ちさせることができるだけでなく、高く売ることもできるのです。

Ludwig ペダルティンパニー

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年3月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:楽器

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像