セレストロン 鏡筒 買取

当社では日本全国対応より
CELESTRONセレストロンの鏡筒を宅配買い取りを致しております。

詳細は以下のリンク先をご覧下さい。

セレストロン鏡筒買取

セレストロン鏡筒買取対応主な物
C-14XLT,C14,C14XLT,CPC-1100,C11S,C11,C11AL-XLT,CPC-9.25,CPC800XLT,C11-EX
などなどありとあらゆるCELESTRON鏡筒が買取可能です。

もちろん新品でなくて中古のセレストロン鏡筒も買い取り可能です。

査定は無料ですので
セレストロン鏡筒の売るなら!,売却,買取の事なら
お気軽にお電話にてお問い合わせ下さい


(画像はC11 AL-XLTになります。)

セレストロンとは?
セレストロンは一般消費者向けのシュミットカセグレン式望遠鏡を大量生産した最初の企業であり、1960年代中頃に8インチの望遠鏡”C8″を発表した。この望遠鏡の特徴は、トレードマークであるマットオレンジの鏡筒(1980年に光沢のある黒に変更され、2006年にややつやのあるオレンジに戻された。)、ダブルフォーク式赤道儀、そして大口径であるにもかかわらずコンパクトなデザインであることである。

そのほかのセレストロンの製品(2007年次)は、

C5、C6、C9.25、C11、C14シュミットカセグレン式望遠鏡(”C”に続く数字は口径(直径)の大きさをインチ単位で示している。)C8、C6、C9.25、C11については、GoTo(”SkyAlign”として知られている)を使用可能になっているダブルフォークマウント(経緯台としても赤道儀としても使用可能)か中重量のドイツ式赤道儀に搭載でき、さらにC8、C9.25、C11、C14は鏡筒をカーボンをコーティングしてあり、堅牢なドイツ式赤道儀に乗せることができる。
2.4インチから6インチの屈折式望遠鏡
6インチから10インチの反射式望遠鏡
6インチから12インチのドブソニアン望遠鏡(スターホッパーシリーズ)
90mmと130mmのマクストフカセグレン望遠鏡C90およびC130(”C”を冠しているが、後に続く数字はミリ単位での口径である。)
SkyScout

ほかのメーカーのように、セレストロンは指定された場所にどこでも向けられるマウントのみならず、コンピュータ化された天体導入システムを使うためのオプションも販売している(一般にGoToと呼ばれている技術)。コンピューターが搭載されたモデルのほとんどはRS232ケーブルを介して外部のコンピューターに接続でき、サードパーティーの天文ソフトやGPS受信機に接続して制御することが可能である。GPS受信機は望遠鏡に正確な時間と座標を設定するのに非常に便利で、これによってより正確に望遠鏡を動かすことができる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年10月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:天体望遠鏡

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像