アカイ AKAI オープンリールデッキ 買取

以前は(と言ってもかなり前ですが)オーディオ製品のマニアがもっと熱かったような気がします。音源がデジタルになってしまってから、音源自体はビットの信号ですので、あまり差がなくなってしまったのですね。
そういう意味で、アナログ音源の時代の音源として究極はオープンリールと言えます。カセットに対して時間単位の磁性体の情報量が多いので、音にうるさい人はオープンリールを使っていました。

ただ、レコードも根強い人気がありますが、オープンリールの音源といいますと更に限定されますよね。しかも扱いがデリケート(テープも他秋ですね)なので、使われなくなってしまった方もいらっしゃるでしょう。

さて、メーカーも今よりたくさんのメーカーが音の良さを競っていましたね。
その中に、電子楽器でも有名だったAKAIがあります。
私共はこのAKAI製のオープンリールデッキを探しております。

もし、お宅に眠っているAKAIのオープンリールデッキがございましたら、弊社の査定に出していただけないでしょうか。
音源が限られていると言っても、未だにオープンリールの音を聞きたいとお望みの方はいらっしゃいます。

ただお部屋の片隅に置いておくのはもったいないですよね。インテリアとしてもいいですが、やはりオーディオ機器です。音楽を奏でてこそ本来の価値が出ます。
ですからあなたのオーディオに対する愛着もそのままお預かりして、次の方に引き継ぎたいと思っています。
もちろん、お客様が愛情を持って丁寧に扱った文も含めて、査定させていただきますので、是非とも弊社にご一報ください。

あなたの部屋で眠っているオープンリールが、また誰かのために音を奏でるのは素敵だと思いませんか。
きっとそのオープンリールも、それを望んでいることでしょう。
アカイ AKAI オープンリールデッキ

タグ


2015年10月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:オーディオ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像