ミノルタ コンパクトフィルムカメラ 買取

今はフィルムカメラはほとんど生産されていません。手軽で便利なデジタルカメラに取って代わられたからです。しかしそれでもフィルムカメラの「味」を求めて、フィルムカメラを手放さない人がいます。
しかもそれは高級一眼レフばかりの話ではありません。実はコンパクトカメラではイメージセンサーを小型化しなければならない宿命から、現在でフィルムカメラと比較してデジタルカメラは画質が劣っていると言われています。つまり、小さいカメラほどフィルモの方が有利なのです。
ですから、わざわざ中古のフィルムカメラを探している方もたくさんいらっしゃいます。

とは言え、扱いはデジタルカメラほど簡単でなく、しかもデータを転送すれば見られるデジタルに比べ、現像しないとすぐには見られない欠点があり、フィルム/現像にコストも掛かります。
そんなこんなで普段から手軽なデジタルカメラを使うようになり、フィルムカメラを押入れの済で眠らせてしまっている方もいらっしゃることでしょう。そのままではやがて燃えないゴミになってしまいます。

少しでも心当たりがある方は、ぜひお宅を探してみてください。
弊社ではお客様の問い合わせが多いフィルムカメラ、中でもコンパクトフィルムカメラで定評のあったミノルタ社製のコンパクトフル無カメラ中古品を高価買取り中です。
TC-1を始めとして、(現在はコニカと合併しましたが)ミノルタのコンパクトカメラは、特に需要が高く、眠らせておくにはもったいないカメラの代表です。

とにかく精密工学製品で、劣化しやすい部品もあるので、状態の良い内にお譲りいただくと有難いです。もちろん、状態の良いものであれば精一杯の査定をさせていただきます。買取り価格には自身があります。
あなたのお宅に眠っているカメラが、また光を受けて誰かの思い出を残す大切な道具となる。その機会を与えてあげてください。あなたのカメラもそれを待っていることでしょう、きっと。

ミノルタ コンパクトフィルムカメラ

タグ


2015年3月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:カメラ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像