蒸気機関車ナンバープレート D51536 買取

蒸気機関車ナンバープレート D51536 買取

蒸気機関車は文字通り蒸気機関をエネルギーにして走行する機関車で、「SL」と略されることもあります。

一時期は姿を消したかのように思われましたが、その独特なノスタルジックな雰囲気に魅了される人が多く、ブームが再燃しているといわれています。

実際、現在では全国に12路線ほどの蒸気機関車が観光列車として運行しています。

蒸気機関の愛好家というとどうしてもマニアックな印象を抱きがちですが、蒸気機関に憧れるのはなにも鉄道マニアの男性ばかりではありません。旅行を趣味とする女性や乗り物好きの子どもたちにとっても特別な存在なのです。

例えば、D51系蒸気機関車といえば国鉄の前身である鉄道省によって生み出された蒸気機関車で、「デゴイチ」という愛称で親しまれてきました。太平洋戦争の戦時中には貨物輸送のために大量生産されたことで知られており、国鉄で最も多い1000両以上数におよぶといいます。

デゴイチの蒸気機関車にはナンバープレートが付けられており、弊社では高額買取の対象となっております。

ナンバープレートには番号が振り分けられていますが、この意味を皆さんはご存知でしょうか?

D51536とあった場合、D51はD51系蒸気機関車を表しているものです。記号はほかにB、C、Eなどがありますがこれは動輪の数を示しており、Dは4軸です。

続いてアルファベット横の数字は機関車のタイプを示しています。10~49まではタンク機関車を、50~99はテンダー機関車を意味しているため、51は後者に区分されます。

そして最後の3桁は製造番号です。ナンバープレートD51536の製造番号は536ということになります。

製造番号536の車両は小倉工場で製造された全9両の一つで、1940年に誕生したものと考えられます。実に、80年近くの時を経て残されたものということです。

D51系蒸気機関車は知名度が高く鉄道愛好者からも言わずもがな人気があります

動態保存されたものは少なく、ほとんどが静態保存または解体されています。

蒸気機関車の大切な部品の一つであるナンバープレートは、コレクターの間では依然ニーズがあるものです。

もしも皆さんの中に蒸気機関車ナンバープレート D51536をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご連絡していただけないでしょうか。

専門家の査定により、高額買取となる可能性があります。お気軽にお問い合わせください。