光波距離計 買取

光波距離計買取のごあんない。

当社では日本全国より
光波距離計の宅配買取を致しております。

新品でなくて中古の光波距離計でも買取可能です。

主な買取可能な光波距離計の一欄
SRX1X,SRX3X,SRX5X,SET1X,SET2X,SET3X,SET5X,NET05X,NET1200,SET250RX,SET350RX,SET550RX,SET650RXS
SET250X,SET350X,SET550X,SET650XS,GP1X,GP2X,GP3X,GP5X,NET05X,NET1200,GPT-9000AC,GPT-9000A,GPT-7000HiPer,GPT-3000HiPer,GPT-7000i,GPT-8200A,GPT-7000,GPT-3000W,GTS-820A,CS-230W,GPT-8000A,GTS-810A,CS-230,GPT-6000C,GPT-2000,Trimble S8 0.5″High Precision,Trimble S6(Robotic/Autolock)
Trimble 5600,Trimble M3 シリーズDR2/DR5,Trimble SPS930/730/630 DR ,Trimble SPS720/620 DR
Nivo,NST-305Cr/307Cr,NST-C1r,Leica ライカ ノンプリズム トータルステーション TCR 407
TCR705Sauto,TC407S,TCR1205Lite,TCA2003,TCRA1105Plus,TCR705S,TCR407Spower,TCR407,TCRA1105
TCA1100,TCR307JS,SESTEM500,SR510,TCA1100L,TC805,TCR303,TC1800,TCR110JS,SET530RKS,SET530RK3S
SET550RXS,SET230R3,SET3030R3,SET530RS,SET3030R,SET510S,SET530R,SET530RK,SET630RKS,SET3220S
SET630RS,SET600S,SET310,SET330R,SET4130RS,SET3010,SET3000,SET500S,SET630R,SET230R3
SET520KS,SET4100,SET3110R,SET610S,SET610S,Nivo.5H,NST-305CN,trimble5600,NST305C,GF-EX21
GF-405CN,NST-C1,GF-215C,GF-402N,NST307C,GF303C,NST-200C,DTM-603,GPT-7505,GPT-7500
GPT-8205AF,GPT-7005F,GPT-8003AF,GPT-7005,GPT-7005FHip,GPT-3005WF,GPT-7003,GPT-3005W
GPT-3000WF,GPT6003C,GPT6005CF,GPT6005C,GPT3007WF,GTS-6005C,CS235F,CS235WF,GPT1002
GPT-2005,GTS-603AF,CS230W,GPT-1004F,GPT-1002,GPT-1004,GTS-702,GTS-312F,GTS-311
GTS-312,CS-227F,GTS-320F,TCRA1205Lite,TS02Ultra,TCA2003,TCRP1205 R1000,V-270C
GPT-3105F,Nivo.5H,GTS-310F,R-305C,SET4BS,R-205,PTS-605C,R360C,V-271C,PTS-520C
R-306NC,PCS-110C,RS-201B,R-300
などなど、上記以外の光波距離計でも買い取り可能です。

調整,検査,校正受けてなくても買い取りできますが
受けていて日付が近い方が高額査定です。

お問合わせにて査定担当者へ
光波距離計の詳しい状態を教えて下さい。

当社では
測量機器、測量機械、測量機、トータルステーション、光波、光波距離計、光波測距儀、GPS、トランシット、セオドライト
の買い取りも致しておりますので。

光波距離計買取フェイスブック

光波距離計とは?
光波を用いて距離を計測する測量機器
距離を計測するだけでなく水平角度、垂直角度を計測する経緯儀としての能力を持った測距儀が主に利用される事からトータルステーションとも呼ばれる。光波の他に電波を利用した電波測距儀がある。こちらは、測定距離が十数キロメートルと長い場合に利用する。但し、光波測距儀に比べて測定精度は落ちる。光波測距儀でも計測出来ないほど測定距離が長い、精度が欲しい、若しくは測点との目視が出来ない場合はGPS測量機を利用した測距を行う。
光波測距儀の動作原理は測距儀から測点に設置した反射プリズム(ミラーとも呼ばれる)に向けて発振した光波を発射し、反射プリズムで反射した光波を測距儀が感知するまでに発振した回数から距離を得る。計測可能距離は測距儀や反射プリズムの性能に左右されるが、大略 1 – 2 キロメートルが限界である(なかには 5 – 6 キロメートル計測可能な測距儀も存在する)。照射する光に拡散符号を用いる事により高精度で短時間に測定する機種もある。
光波測距儀の光の変調にはケルセルが使用されていたが耐久性等に問題があるため現在では直接光源を変調する。
光波測距儀やGPS測量機の中にはマイコンやオペレーティングシステムを搭載し遠隔操作による無人計測や計測した測点を記憶して様々な測量計算を行ったり、PC等に転送する機能を持つものがある。これらはトータルステーションシステムと呼ばれ従来の路線測量やアリダードを用いた平板測量、土量計算の効率化に貢献している。

タグ


2011年10月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:トータルステーション

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像