溶接機 買取

溶接機買取のご案内

当社では日本全国各地より溶接機の宅配買取を致しております。

新品でなくて中古の溶接機のかいとりも可能です。

100Vでも200Vでも可能です。

種類も交流アーク溶接機,直流アーク溶接機,Co2/MAG半自動溶接機,MIG溶接機,アルゴン溶接機,スポット溶接機,インバータ交直TIG溶接機,TIG溶接機など
ありとあらゆる溶接機が買取り可能です。

対応メーカーマキタ,makita,新ダイワ,シンダイワ,デンヨー,DENYO,コマツ,ダイヘン,DAIHEN,Panasonic,パナソニック,CEBORA,日立,HITACHI,AIRMAN,北越工業,エアーマンなどなど

型式もDGW400DM,DLW-400ESW,DGW310DMC-W,DGW300M,DLW-300ESW,DLW-300LS,DGW310DMC,DAT-300LS,PDW300SN,DAT-270ES,STW201A,DA300P,EGW150MC-I,DGT300M-W,DGT300M,KW300C,DGW201M,APW60,STW301A
STW301D,DGW311L,300TR6,YM-500KR2,YD-350GR3,TD-350GR3,AVPM-200,DCT-250SSⅢ,EGW181MS-T,EGW180MS-V,SW-CZ200,DT-NP5,GAW-185ES,EGW180MC-I,アポロ200Z
などなど上記以外の溶接機でも買い取り可能です。

査定は無料ですので
溶接機の売却,買取の事なら
査定担当者まで
お気軽にお電話、メールにてお問い合わせ下さい

溶接機とは??

溶接は青銅器時代(ろう付ーメソポタミアのレリーフ)からも見出され、
日本では弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されている。

現代では、東京スカイツリーをはじめとした建設業、自動車産業、宇宙工学、造船などの先端技術だけでなく
生活をささえる基本的な古くて新しい技術である。

溶接中の目を焼く行為はかなりキツイです。
目の玉に何かゴロゴロした感じになり、眠れませんので
注意しましょう!

母材と母材の間に隙間がある場合は、その空間を補填するために溶加材が用いられる。また、隙間を埋める必要が無くても、強度的に肉厚を増す場合には溶加材が使われる。

大昔からの鉄と鉄の繋ぐ方法である。

ガス溶接,酸素アセチレン溶接,アーク溶接(自動アーク溶接,半自動アーク溶接,非消耗電極式,ティグ溶接(TIG溶接,プラズマ溶接,消耗電極式,被覆アーク溶接,サブマージアーク溶接,ミグ溶接,炭酸ガスアーク溶接,セルフシールドアーク溶接,エレクトロスラグ溶接,電子ビーム溶接,レーザービーム溶接,重ね抵抗溶接,スポット溶接,プロジェクション溶接,シーム溶接,突合せ抵抗溶接,アプセット溶接,フラッシュ溶接,バットシーム溶接
鍛接,摩擦圧接,爆発圧接(テルミット溶接)などの分類がされている。

被覆アーク溶接,半自動アーク溶接,サブマージアーク溶接,ティグ溶接(TIG溶接,スポット溶接,シーム溶接,鍛接(たんせつ),ろう接(ろうせつ)など色々な溶接手法が存在する。

職業訓練学校などで習う技術。

これからの時代は学歴よりも、溶接の様な技術が大事になってくる。

タグ


2011年8月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:溶接機

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像