プロのライターが執筆 大手メディア媒体 プレスリリース

本日、大手メディア媒体にプロのライターが執筆した記事が配信されましたのでご紹介致します!

プロのライターが執筆した大手メディア媒体プレスリリース。

★■江戸の庶民はエコの先駆者。
現代の日本に息づく「モッタイナイ」の精神★■

江戸

「江戸の庶民生活は循環型の社会だった」
エコが話題になって以来、見直されているのが江戸時代の庶民生活です。
その徹底したエコ生活をのぞいてみますと、菜種を搾ってつくった油は料理に使った後、行灯(あんどん)や提灯の灯りに、そして搾りカスは肥料にするなど、とことん使いこなしました。
稲のモミを取った後のワラで草履をつくったり、縄をなったり。井戸水も、野菜を洗ったら、同じ水を洗濯用に、風呂用に、最後は畑に水をまいてようやくおしまい。
江戸時代は自然の恵みを何度でも再利用する、「循環型」の社会だったのですね。

「日本文化として息づく「モッタイナイ」を世界が賞賛」

再利用は紙くず、古着、さらにはゴミを燃やした後の灰にまで至りました。
これらの再利用には種類別に回収する業者が介在して、プロの技術であらゆるものが上手にリサイクルされていたようです。
こうしたリサイクルの知恵は現代にも息づいており、近年、「モッタイナイ」という言葉に代表される日本文化として世界中で賞賛されるようになりました。
この言葉を世界に紹介したのは環境問題で初のノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさん。
日本人がいつまでも記憶しておきたい人物の一人といえるでしょう。

「お店が遠い、持ち込むのが面倒。そんなときは宅配買取」

宅配買取

このように日本には昔から根付いている「モッタイナイ」という精神ですが、これは現代のエコの精神に繋がっているのではないでしょうか?
「エコランド」は、いらなくなった、まだ使えそう、そんなモッタイナイものをおトクに回収・買取している会社です。
宅配買取で知られる日本全国対応の高価買取り専門店。
法人の業務用品から個人のご家庭の物まで、査定無料、現金で買取りるので評判が高まっています。
お店が遠い、持ち込むのが面倒。
そんなときは、ご不要になった品物を宅配業者が引き取り、同社宛にお送りしたものを査定・買取する買取サービスを是非ご利用ください。

タグ


2012年12月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:エコランドお知らせ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像